墓と埋葬について

公園墓地、墓地、納骨堂、霊園などいろいろな永眠の形があるなかで
今回は墓や埋葬についてまとめていこうと思います。

墓所となる土地の所有権は、管理している寺院や霊園、法人や公的機関に
あるとのことです。
遺族は「永代使用料」を支払って墓地となる区画の使用権を入手し、
継続的に管理費を支払う必要があるようです。

近年はさまざまな事情で、埋葬の方法も多様化していますね。
建墓費用の高額化や都市部の土地不足から、
建物の中で複数の遺骨を安置する「納骨堂」を持つ霊園や寺院も増えてきています。

ロッカー型、棚型、仏壇型など、その種類もさまざまで、
都市部ではコンピュータ制御で骨壷が祭壇に運ばれる仕組みの
納骨堂もあるそうです。

また、「本山納骨」という方法もあるそうです。
高野山など、いわゆる有名な宗派の本山に納骨します。

本山であれば、読経の声が絶えることがなく、納骨料も明確だそうです。
納骨するためにはその宗派に属さなければならないとのことですが、
菩提寺がなくても相談に応じてもらえる場合もあるようです。

埋葬方法を決定する際には、
その先の供養のことも考えなくてはならないのではないでしょうか。
家族や親族でよく話し合い、それぞれの事情にあった埋葬方法を考えてはどうでしょう。

墓地の種類と選ぶ際のコツとしては
一般的に、寺院の境内にある「境内墓地」、
宗旨宗派の制約がない「霊園」があるそうです。

霊園には公営と民営があり、また、墓所の形態にも、
一般的な建墓、納骨堂、合問などの種類があるようで、
それぞれにいろいろな特徴がありますので、
墓地を選ぶ際はその後の供養も考えて、下見をして比較
検討を重ねたうえで決めてはどうでしょうか。