法要・供養とは

人が亡くなってから公園墓地、墓地、納骨堂、霊園などで眠るかと思いますが
今回は法要とはそもそも何なのかということについてまとめていきます。

仏教では、人が亡くなってからの49日間を「中陰」、
49日目を「満中陰」と呼ぶそうです。

とくにこの間は、故人の供養に専念する時期とされているそうです。
法要は、故人の命日から数えて7日ごとに行うのが原則だったようですが、
現在は忌明け法要となる49日目の「七七日(四十九日)忌」に、
遺族や近親者が集まって法要を行い、僧侶を呼んで読経してもらうそうです。

忌明けを迎えた後は、「百ヵ日」「年忌法要」を行い、「三十三回忌」で
弔い上げとなるのが一般的なようです。
以降は先祖代々の供養として、まとめて法要を行うとのこと。

神式では、法要にあたる儀式を「霊祭」、行う日を「斎日」というようです。
命日から数えて10日ごとに霊祭を行い、「五十日祭」をもって忌明けとす
るのが近年の通例のようです。

忌明けの後は満年で1、2、4、9年目(以降は叩年ごと)に「式年祭」を行い、
満刊年目に行う「五十年祭」で弔い上げとすることがほとんどだそうです。

キリスト教では、死は忌むべきものではないらしく、
遺族や友人は故人を偲ぶ機会として「追悼ミサ」や
「記念式典」を聞くらしいですが、時期に決まりはなく、
死亡から3日目、7日目、30日目、1年目など遺族、か定めた日に行うようですね。

法要は仏式は菩提寺で行うのが一般的なようです。