納骨をすること

公園墓地、墓地、納骨堂、霊園などいろいろな永眠の形がありますが
今回はそれに深く関わる、納骨についてまとめていきたいと思います。

僧侶、あるいは墓地の管理事務所と相談して納骨の日どりを決めたら、
納骨室(カロート)の蓋を開けるために石材店に連絡して作業を依頼しましょう。
また、石材屈には墓石や墓誌への彫刻も一緒に依頼しましょう。

納骨する際には、埋葬許可証と認印が必要となるようです。
位牌、遺骨、遺影も持参しましょう。

仏式で納骨を忌明けとともに行う場合は、白木の位牌を菩提寺に返納し、
仏具店に依頼した漆塗りの本位牌を持参しましょう(浄土真宗を除く)

埋葬許可証は、骨壷の入った箱の中に同梱されているそうです。
納骨式を行う際の服装は、礼装、か好ましいのではないでしょうか。

施主や遺族は参列者よりも軽い服装にならないよう、気をつけたいですね。

納骨式は、近親者と親しい友人などを招いて行うようです。
納骨する時期について決まりはないようですが、
すでに墓がある場合は四十九日の法要とあわせて行うようです。

新たに建墓する場合は、すこし年月をおいてもかまわないそうです。
納骨式が終わったら、故人を偲ぶ会食を催すこともあるようです。

神式の場合は五十日祭、キリスト教式の場合は追悼ミサや召天記念日まで
に行うとよいでしょう。

樹木葬は、墓地埋葬法によって認可された里山や芝生に遺骨を埋葬し、
墓石の代わりによりしろとなる植樹を行うものです。
近年人気となっている「自然に還る」埋葬方法の中では、
唯一遺骨をそのまま埋葬することができるそうです。