葬儀などの準備の仕方

公園墓地、墓地、納骨堂、霊園で故人が眠る前の葬儀の準備について
書いていきたいと思います。

葬儀と告別式は確認事項が多いため、通夜が終了したら、喪主は世話役、
葬儀社などを交えて、翌日の打ち合わせを行いますね。
一般的に、供物と供花は通夜で使用したものをそのまま用いる形になるそうですが
葬儀当日に届いた分があれば名前をチェックし、並べる順番を入れ替えたほうがよいかを
検討したほうがいいですね。

葬儀終了後は、火葬場への移動があり、
火葬場を使用する時間も決められているでしょうから、
全体の時間配分を考えることが大切ですね。

また、喪主のあいさつについても話す内容を準備し、出棺のときに棺を運ぶ役を
誰にお願いするかなども決めておいたほうがいいと思います。

葬儀では、僧侶の読経の後に参列者から弔辞を賜ることがあるでしょう。
弔辞は依頼された側も準備に時間が必要とでしょうから、
葬儀の日時が決まった時点で依頼するようにしたいですね。

さらに、通夜、ぶるまいのときに再確認しておくとよいでしょう。
また、葬儀に参加できない人からは弔電が届きますね。
弔電は全文を紹介するのは、2、3通にし、残りは肩書き、名前のみを読み上げ
るのがいいのではないのでしょうか。

葬儀はたいてい急な場合が多いので、遠方から来る親類への配慮として、
宿泊の手配なども考えるべきかもしれませんが、
一般的には手配や支払いは各自にしてもらうというのが慣習になっているようです。
仮眠できる施設がととのっている斎場で、あれば、そのことを伝えるようにしましょう。

葬儀前の確認については
当日は喪主、世話役、葬儀社、司会者などと式次第について打ち合わせを行い。
同時に、火葬場への同行人数、精進おとしの人数、供物や供花の並べる順序、
弔電を読み上げる順序、弔辞を依頼した人の氏名などを確認しましょう。

宗教者への茶菓子などの手配や、
お世話になった人に渡す心づけの準備もしておきましょう。
また、宗教者との打ち合わせも必要ですね。
変更事項などがあれば、かならず伝えておきたいところです。