墓参に行くこと

公園墓地、墓地、納骨堂、霊園など様々な永眠方法とお墓の種類がありますが
今回は墓参りについてまとめていきたいと思います。

墓は故人にとって、すみかといえる場所ではないでしょうか。
墓参して、故人を思う時聞をつくることも立派な供養だと思います。

墓参りは、いつ足を運んでもよいと思いますが、
お盆と春秋のお彼岸、故人の祥月命日、年忌法要のときなどは、
供養のために墓参したいものですね。

私は墓所に着いたら、まず墓の清掃を行います。
墓石に水をかけ、苔や汚れはタワシなどを使って落とし、
タオルで水気が残らないように拭き清めます。
周辺の草や植木が伸びていれば、短く刈っていますね。

仏式では、車盆、お彼岸、年末年始に加え、
祥月命日や年忌法要にも墓参りを行うようです。

墓石の清掃を行い、花と供物、線香を供え、
供物は故人が生前に好きだったものなどどうでしょう。

菓子や飲み物は墓石に直に置かずに、半紙を敷いた上に置くようにしています。

お供えが済んだら、故人と縁が深かった順に、
ひしゃくで手桶から水を汲んで墓石にかけるのは、
お清めであるとともに、仏となった故人の喉を潤
すためといわれているそうです。

帰る際は、小動物に食べ散らかされないよう、
かならず供物を持ち帰リます。
地域によっては、「おさがりもの」として皆でいただく習慣もあるとのことです。

清掃が済んだら線香を供え、
供花や故人ゆかりの供物を捧げてみるのはどうでしょうか。

花や線香などは、墓所内か墓所の近くの店で
購入することができました。

お供えが済んだら、水を墓石にかけて清めたのち、合掌礼拝しました。
墓前を離れる際、火事の恐れがあるので、線香が消えたのを確認してから
帰るようにしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です