樹木墓

インターネットや、テレビのニュースなどで取り上げられることが多くなったものの一つとして樹木墓と呼ばれるものがあり、お墓の上に木を植えることでそれを亡くなった人が埋まっていることの目印とし墓とみなす、というケースです。つまり、墓標が石ではなく樹木であるということになりヨーロッパなどの海外では珍しいものではなく、このようにして葬られている人も多いということは昔からよく言われていますが、人々はとりわけ日本人は様々なものに神が宿っているという風に信じてきたものが進行としてあるため、樹木おぼ表代わりにすることで、よりいっそう親しみを持ってお墓参りなどをしやすいということがあげられると言われている様ですね。 そして、このような樹木墓にも様々な種類があり、一人一人のお墓の上に樹木を植えるケースもあれば、複数のお墓の上に大きなシンボルツリーを植えることでそれに向かって拝むという形式をとるような場合もあるようです。当然のことながら、樹木は生きており、大きな災害や台風などで折れてしまう場合もあるわけですが、それも含めて自然の一つとして姓と氏を捉え直すことができるため人気が高まっているのではないかと推察することができるわけです。公園などのように、誰もが気軽に訪れることができる場所へ、樹木墓を建てることで、自分自身の子どもやその子供などのように、樹木がその家族の目印となるような存在となることができたならば、樹木墓も一つのスタイルとして確立することができると言えるかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です