通夜と葬儀の準備

葬儀までに一体何をしなければいけないのか?このような疑問を持っている方は、意外と多いのではないでしょうか。こういったことは、実際ひとりでいくら考えてもわからないというのが正直なところでしょう。解決策は簡単です。専門家である葬儀会社にどんどん質問していくと良いでしょう。信頼できる葬儀会社を選べば、時間を無駄にせず段取りよく準備を進めていけるのではないでしょうか。実際に、通夜や葬儀までに遺族が行なっておかなければならないことはたくさんあると言えるでしょう。まずはご案内でしょう。会葬者リストを作成し、日程などを電話やメール、はがきなどでお知らせしなくてはならないでしょう。あらかじめリストを作成しておけば連絡漏れなども防げるため良いのではないでしょうか。次に、喪服の準備も重要です。頻繁に使用するものではないため、まず着用できるものがあるか、臭いや傷みはないかという点を確認しましょう。ない場合には速やかにレンタルの手配をするべきでしょう。ここまで済んだら、いよいよ段取りを確認していきましょう。式の流れはもちろん、焼香のタイミングや順番、遺族側として対応の仕方という点を確認しておきましょう。喪主の場合は、代表あいさつの準備も忘れずに行いましょう。忘れてはならないのが、世話役を依頼することでしょう。世話役は、遺族のかわりに受付や駐車場のご案内、進行などをしてくれる人のことです。最近では葬儀会社が行なってくれる場合もあるため、予算と相談して依頼すると良いでしょう。しかし、香典の受け取りなどというように金銭が絡む内容は親族にお願いしておきましょう。故人が生前お墓を購入しているといった場合には、早い段階で業者に連絡しておくことも忘れてはならないでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です