安さと信頼のバランス

故人が亡くなる前に会員となり、葬儀費用を毎月積み立てをするというシステムをご存知でしょうか。これは「互助会」と呼ばれ、掛け金は葬儀費用にあてられることになるでしょう。遺族の負担は軽くなりますが、気を付けなければいけないのは、故人が契約をしているとは知らず、別の葬儀会社で葬儀を行なってしまった場合には、返金されないということでしょう。家族間での情報共有が大切と言えるかもしれません。「互助会」の他にも、生協やJAの各組合員を対象とした葬儀業者というものがあるようです。こう言った業者の良いところは、料金体系が明朗という点ではないでしょうか。組合や団体などによってサービスの形態が異なるようなので、入る前の情報収拾と確認が必要と言えるでしょう。また、自治体によっては、葬儀準備などを福祉サービスの一環として行っている地域もあるようです。遺影の準備や役所の届け出といったサービスはないため、自分で行なわなければならないのが難点と言えますが、比較的安価であることは間違い無いのではないでしょうか。大手スーパーのチェーン系列でも比較的安価で内容も明瞭なセット料金があるようです。ただし、こういった場合、葬儀自体は提携先の葬儀会社が行なうことがほとんどでしょう。葬儀会社や業者を選ぶポイントとしては、第一に事務所があり、かつ所在地と固定電話の番号が明確に記されているかという点をみるべきでしょう。きちんとした会社であれば、家族葬といった利益の少ない葬儀を希望でも、ていねいに対応してくれるでしょう。また、事前にはっきり見積書を出してくれるかどうかといった点も判断材料としては重要でしょう。墓地選び同様、寄り添い、親身になってくれる会社を選ぶことが望ましいと言えるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です