保管と準備

葬儀には支払いがかさむというイメージがありますが、葬儀費用は相続税の控除対象とされているため、見積書や明細書、請求書、領収書などは、絶対に捨てずにまとめて保管をしておくと良いでしょう。万が一領収書をなくしてしまった場合には、日付と金額、支払い先を出納帳にしっかりと記録しておくと良いでしょう。葬儀にかかる費用として挙げられるのは、寺院や神社、教会といった宗教者の方、また世話役への謝礼でしょう。仏教式の場合、謝礼ではなく「御布施」を手渡すことになるでしょう。僧侶が車で来た場合には「御車代」と、通夜ぶるまいを辞退された場合には「御膳料」を別途渡すことになるでしょう。僧侶の依頼は、墓地や霊園、納骨堂などを選ぶ際にトラブルにならないよう、事前にしっかり確認して依頼すると良いでしょう。葬儀全般を仕切ってもらった世話役には、代表の方には2万円ほど、会計や受付、道案内、進行などのような各係を担当した人には5000円ほどを目安に謝礼を手渡すのが一般的と言われているようです。その後、葬儀会社から請求書を手渡し、または郵送されて来たら、その詳細をきちんと確認しましょう。依頼したプランで間違いはないか、増額の内訳金額と理由は何か、といったことを細かく確認し、納得したうえで支払うようにするべきでしょう。当日、葬儀の状況などによっても請求額は変わってくると言われているため、見積書と見比べて増額理由をきちんと確認し、理解することが重要でしょう。理由のわからない請求や、依頼していないプランになっている場合は、すぐに葬儀会社に連絡して確認すると良いでしょう。この段でトラブルになってしまわないためにも、葬儀会社選びや、打ち合わせなどで不安な点などがないようにしておくことが望ましいと言えるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です