お墓の改葬

お墓の「改葬」というのは、墓地埋葬法という法律で定められている手順に従ってて、書類上の手続きを行なわなければならないようです。そもそも、お墓の「改葬」とは、地方から都会へ上京してきた人達などが、家のお墓が遠くて十分に納得のいく供養ができないという状況の場合、現在住んでいる地域の近くに墓を移すというものと言えるでしょう。近年では、このような人が増えているようです。このように、お墓を元の場所から別の場所に移転させるということを、お墓の「改葬」と読んでいるようです。こういった場合以外にも、結婚した両家の墓をまとめたいというときや、信仰する宗教が変わったというときなどにも改葬を行うとされているようです。改葬というのは、法に従って手続きを行なうということも大切なのですが、現在、墓地を管理してくれている人や、その墓地の近くに住む親族などとよく相談し、しっかりと理解を得ることが重要と言えるのではないでしょうか。また、お墓の改葬を行なうには、区市町村の役所から「改葬許可証」というものを発行してもらう手続きを行なわなければならないでしょう。まず、新しく購入した墓地で「墓地利用許可証」と「受入許可証」を受け取り、現在の墓地から「埋葬証明書」を取得しましょう。この3点を「改葬許可申請書」と一緒に、現在の墓地を管轄する役所へ提出し、申請が認められた場合のみ「改葬許可証」の交付が受けられるという流れになるでしょう。このような手続きは、公園墓地、霊園、納骨堂といった様々な墓地に共通することのようですので、引越しなどで改葬を考える際などには覚えておくと良いでしょう。何れにせよ、故人の眠るお墓のため、十分な配慮は必要と言えるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です