本山との分骨

お墓に詳しい人であれば、いわゆる「分骨」と呼ばれる手法についてご存知だろうと思います。分骨は基本的に禁じられていませんから、家族や親せきと相談して合意が得られれば、実行に移して構いません。但し1度埋めた遺骨を分骨するとなると、石材店に頼むことになりますから、労力と費用が余計に掛かります。出来る限り火葬の段階で分骨してもらうと良いでしょう。もちろんそれでも分骨証明書は必要になりますから、継承者が準備して下さい。ところで分骨したいケースとは、具体的にどのような場合を指すのでしょうか。

例えば、2人の兄弟が親の遺骨を分骨して持つことが考えられます。また、実家と離れて暮らしている場合、実家近くの墓と自宅近くの墓とに分けて管理するべく、分骨することが考えられます。それから特殊なケースですが、「本山」に部分納骨するというケースがあり得ます。これは信仰からくる行動で、法人側に申し込めば、信者は誰でも分骨できます。この本山への分骨という慣習は、一部の宗教に限った話ではありません。元々関西では遺骨の量が小さいこともあり、全ての遺骨を本山に埋める人もいるくらいです。

但し本山に納骨する場合、合葬になることを覚悟しなければなりません。1度合葬してしまうと、2度と元には戻せませんから、継承者1人の判断で実施すべきではありません。必ず家族や親類と話し合ってから決断しなければなりません。さて、お墓と言えば、お掃除することがメンテナンスのメインですが、それ以外に管理上の注意点はあるのでしょうか。

基本的には掃除だけで十分持ち堪えてくれるのですが、天候や気候の悪い状態が続くと、墓石が著しく劣化することもあります。その場合は、墓石ごと修繕しなければならないので、ある程度の出費は覚悟しましょう。万一墓石の劣化を放置し続けると、納骨室にも損害が生じる可能性があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です