お墓を継承してから取るべき行動

お墓を継ぐと、色々な責任、義務が生じます。しかし土地や預貯金といった、相続税が絡む財産とは異なり、役所に届け出る必要はありません。先に連絡すべき相手は墓地の管理者です。また仏教系のお墓であれば、住職に挨拶するのも忘れてはなりません。

親切な住職であれば、継承に当たっての手続きを丁寧に教えてくれるはずです。管理費の支払いや書類の作成についても、その時詳しく知ることになるでしょう。ではここからは手続きの具体的な中身を見ていくことにしましょう。継承者が用意しなければならない書類は、使用申請書、誓約書、印鑑登録証明、戸籍謄本、使用許可証等です。

もちろん墓地の運営会社が異なれば、求められる書類の種類も変わりますから、詳しくは直接連絡して尋ねましょう。書類が準備できたら、墓地運営者に支払うお金を用意しなければなりません。最初に名義変更の手数料を求められるのが一般的です。公営墓地なら数千円程度で済みますが、民間の霊園等の中には5万円前後の手数料を請求するところもあります。また運営会社が大手の場合、協議成立確認書の提出を求めてくることもあります。

過去にトラブルが生じたことを踏まえた上で採られている方針のようです。さて、初期の手続きはこれくらいで済みますが、墓石周りを管理維持していくのは継承者本人なので、しばらくは労力も割かなければなりません。お墓は基本的に外にあるため、定期的に掃除する必要があります。運営会社が管理料でカバーしてくれる範囲は、共有部分のみです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です