クリスチャンの埋葬はどうするべきか

お墓の問題を考える時、日本人の多くは仏教の教えや慣習にばかり注目しがちです。しかし一部の人はクリスチャンや神道の信徒であるわけですから、彼らのお墓についても考える必要があります。お墓について考えるということはその宗派の死生観を学ぶということに他なりません。つまり仏教に加えて、キリスト教や神道ではどのように死を捉えているのかを学ぶ必要があるのです。例えば葬送について宗教間の違いを見ることにしましょう。仏教ではお寺でお経を唱えてもらうわけですが、神道では神葬祭が執り行われます。神道は日本独自の宗教であり、祖先神とアニミズムを信仰の対象としています。つまり八百万の神を崇めることが葬送にも影響するのです。神葬祭は仏教のように極楽浄土に送ることを目的としておらず、故人を神に変えることを目的とした儀式だと言えます。そのため、穢れた遺骨を神社に持ち込むことは禁じられています。葬儀を寺で行う仏教とは対照的と言えるでしょう。このように仏教と神道との間には死生観の違いが大きく横たわっているわけですが、火葬や埋葬に関わる法的な制約に従うのは同じです。つまり神道流の葬儀を行うにしても、書類作成等の手続きは寺院と同じように行わなければならないのです。例えば火葬許可証や埋蔵許可証は必須となります。では神道流の葬儀を済ませた後は、どこに埋葬すればよいのでしょうか。流石にお寺に埋めるわけにはいきませんから、民間霊園を利用することになります。民間霊園では仏教以外にも多くの宗派の埋蔵方法に対応しており、それを利用するのが一般的です。誤解されている方もいらっしゃいますが、霊園の運営母体が仏教系の宗教法人であっても、神道流の埋蔵を許可しているところがほとんどです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です