葬式の平均費用

葬儀費用はしばしばメディア等で紹介されていますから、皆さんもおよその数字は押さえているかもしれません。日本消費者協会によれば、全国の平均額は200万円前後だそうです。この金額は決して安くありませんが、あくまでも平均ですから大きな葬儀も含んでおり、あまり気にする必要はありません。喪主にとって本当に気にかかるのは、自分の理想の葬儀がどれくらいかかるのかという点でしょう。実際の葬儀費用は香典という収入を差し引いた額になるため、プロに計算してもらうのが手っ取り早いでしょう。プロの計算方法はかなり正確で、筆者もプロの端くれとしてある程度アドバイスすることが出来ます。お布施代や戒名代も忘れずに計算すると、さらに正確な見積額を提示することが出来ます。ちなみに冠婚葬祭の費用を比較すると、結婚式の平均費用は300万円台とのことですから、それに比べれば安く済ませることが出来るようです。ただ結婚式は参列者のお祝い金も高額ですから、単純比較は誤りなのかもしれません。いずれにしても葬儀業者に計算してもらうのを忘れないようにしましょう。ところで葬儀業者の中には格安の広告を打っているところがありますが、筆者に言わせればかなり怪しいのは間違いありません。彼らの手口は巧妙で、例えば大規模な葬儀の費用を他社のそれとして、小規模な葬儀の費用を自社のそれとして比較したりします。つまり広告を見ただけでは、同じ葬儀内容で費用に大きな差があるかのように錯覚してしまうのです。この種の業者に依頼すると、むしろ平均以上の請求額を突きつけられることがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です