遺骨の取り出し

お墓はその継承者の許可を得ずに取り扱うことは禁じられています。例えば遺骨を勝手に取り出せば罪に問われる可能性もあります。何故なら、遺骨の所有権は法によって規定されているからです。具体的には、祭祀を主催する者が所有者と見做されます。法的に問題があるのは遺骨の取り出しに限りません。改葬も勝手に行うとトラブルの元になります。基本的には所有者の許可さえ取り付ければ法的には問題ありませんが、主要な関係者、親族の同意を得た方が無難でしょう。さて、所有者の許可を確実に取り付け、各種手続きも済ませれば、晴れて改葬することが出来ますが、ケースによっては大仰な引っ越しではなく、単に骨壺を移動させたいだけのこともあるでしょう。実は改葬で一番多いのはこのケースなのです。ではその他の改葬としてはどのようなものがあるのでしょうか。一つは骨壺に加えて石碑も移動させるケースです。今一つは骨壺はそのままにして、中の遺骨だけを移動させるケースです。俗に分骨と呼ばれるのがこのケースに当たります。もし石碑まで移動させるとなると、大々的な引っ越し作業になります。新墓地が石碑を受け入れてくれないこともありますから、事前に下調べしておくことが欠かせません。そして墓地そのものも探さなければなりません。それに対して分骨は楽な作業で済ませられます。但し管理者から分骨証明書を発行してもらう必要はあります。この証明書が無ければ、新墓地で受け付けてくれません。ところで改葬に掛かる費用はどれくらいにのぼるものなのでしょうか。総費用を大別すると、旧墓地関連の費用、新墓地関連の費用、雑費の3つが考えられます。そして費用の高低は改葬方法と墓地使用料とが大きく関係するため、相場を簡単に算出することはできません。また遠方への引っ越しとなると雑費も跳ね上がりますから、ますます想定するのが難しくなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です