火葬許可証

役所が交付した火葬許可証さえあれば、後は葬儀業者に任せることが出来ます。業者は面倒な手続きを代行してくれることが多く、場合によっては印鑑等を預けることになります。因みに火葬許可証の発行には、所謂シャチハタは使えませんから注意しましょう。ゴム印も認められていません。火葬の手続きが進み、遺体も安置されると、故人の近親者は一先ず安心するでしょう。しかし葬儀の本番はそこからですから、ゆっくりと休む時間はありません。葬儀の段取りについては事前に相談して合意するのが望ましいのですが、細かな作業は死後に行われることもあります。後悔しないためにも、事前の相談と死後のやり取りを充実したものにしましょう。ところで葬儀業者との事前相談は今や当たり前になっていますが、これには死生観の変化も影響していると考えます。昔は事前相談は故人に対して失礼だと思われていましたが、最近は本人が自分の死後に迷惑を掛けたくないとの思いから、積極的に葬儀業者を訪れるケースが増えています。個人的には良い流れだと思っていますが、人によってはまだまだ抵抗を覚えるようです。さて、事前相談の段階で合意に至ったら、後は万々歳なのでしょうか。実は相談内容が実際の葬儀に上手くいかされないこともあるため注意が必要です。よくある話なのですが、お客様の都合で「相談時と状況が変わる」ことはあり得ます。お客様の方で遠慮して合意を変えないケースもありますが、お客様が困っていれば、出来る限り業者が譲歩すべきだろうと考えます。例えば葬儀費用に関する合意の実現が経済的事情で難しくなり、派手な葬儀から火葬のみに変わることがあります。近親者1人の葬儀が急に複数人の葬儀に変わった例などがこれに当たります。人の死は突然訪れますから、このようなケースは珍しくないのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です